「あにあんクリエイトグループ」活動報告

平成28年2月20日に発刊しました

『阪神南地域の魅力発見! ガイドブック』

 

大忙しだった2年間の活動を総まとめにして、20ページのかわいい本を出版しました。

 神戸新聞(3月14日阪神板)でも紹介してもらいました。

 

 PDF版をこの下からダウンロードできます。ぜひ、ご覧ください!

阪神南地域の魅力発見!ガイドブック.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.9 MB

平成28年3月 7 日に実施しました

 

2年間の活動の締めくくりとして「まちあるき」と「勉強会」と「バーベキュー」をしました。水堂須佐男神社や古墳をみて歩き、「大庄おもしろ広場」では活動のお話を聞いたり「大庄かるた」を体験したり。ドラム缶のコンロで火起こしして美味しい食材を焼きました。お名残惜しいけれど「今日でお別れ」それぞれ地元で経験を活かしてほしいものですね。

平成27年12月16日 

音羽電機とエーデルワイス関連施設を見学訪問 実施しました

尼崎が誇る2つの企業を見学しました。

 

避雷器の製造メーカー「音羽電機」雷の発生実験で大きな雷を体験しました。雷ミュージアムには愉快な雷様たち。

 

エーデルワイスはお菓子に使われていた歴史的な道具やコレクション。どれも珍しいものばかりでした。

平成27年11月13日 

「産業技術短期大学」と「武庫川コスモス園」を訪ねて 実施しました

ものづくり教育の現場が見学でき、懇切丁寧な案内で興味深く見学してもらえました。コスモス園は見頃が過ぎていたのがちょっと残念でした。

平成27年11月21日 

紅葉と阪神間のアート・建築・ファッションを訪ねて  バスツアーに行ってきました

西宮の松原神社→(バス)→上田安子記念館→船坂「ベルグ」(昼食)・散策→コシノヒロコ KHギャラリー 

平成27年10月6日

(更新日)

バスツアー

(実施済み)

 

平成27年10月28日・12月2日 

海から見よう!阪神間の景色 実施しました

県の巡視船「さちかぜ」に乗って海から阪神間の景色を見ようという試みです。

 

尼ロックで船の出入りを観察しました。

防災展示室での説明を伺いながらの見学はとても身近に感じられ勉強になりました。

平成27年9月7日(更新日)

海から見よう!阪神間の景色 (実施済み)

海から見よう!阪神間の景色_フライヤー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 883.0 KB

平成27年10月6日 

猪名川の源流大野山麓にある登り窯で焼き物を焼こう! 実施しました

平成27年9月4日(更新日)

猪名川の源流大野山麓にある登り窯で 焼き物を焼こう! (実施済み)

ビジョン 登り窯チラシ (2).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 397.1 KB

平成27年8月22日 

戦後70年 阪神間文学にみる大戦下の街と暮らし 開催しました

暑い中、たくさんの方にお越しいただきました。

蓮沼純一先生のお話と文学作品の朗読で当時の様子が生き生きと伝わってきました。

戦後70年。

ずーっと戦後であるようにと祈る思いです。


平成27年7月21日(更新)
(実施済み)

あにあんクリエイトグループの次なるイベント〈文学作品ゆかりの場所をバーチャルで訪ねる講演会〉のお知らせです。

戦後70年企画!戦時下の阪神間の街や暮らしが描かれた文学作品をピックアップ、阪神間文学の研究者である蓮沼先生のお話を、美しい写真や朗読とともにお届けします。


詳細はチラシにて。

受付は100名様、早いもの勝ちです。皆さまのご参加をお待ちしております。

平成27年7月4日 

山村能舞台と富松神社 行ってきました

あいにくの雨模様でした。

農業とともに能楽などの文化が盛んだった富松界隈を訪ねました。

 

山村能楽堂では子どもたちの練習を見学させてもらいました。可愛らしい浴衣姿に思わずにっこり。

 

見逃してしまいそうな生活道路に歴史の名残がある趣のある町でした。

(実施済み)

平成27年5月29日 

園田競馬場「そのだ金曜ナイター」視察・講演会 行ってきました

数少ない夜のアミューズメントとしても楽しめる園田競馬場。日没レースから幻想的なナイターレースは夏から秋(6月〜11月ごろ)の金曜に開催されます。グループで申し込める「ホワイトルーム」観戦がオススメです。そのたんもお出迎え。

(実施済)

平成27年3月27日 阪神間の大学の魅力発見ツアー!

学校の魅力ある施設・文化財の見学

「神戸女学院」編

岡田山キャンパスを訪ねました。正門から長い坂道を登ると、まず音楽室が迎えてくれます。その後、パイプオルガンがあるチャペル・講堂や4棟の建物に囲まれた中庭を見学。

学内のどちらを向いても瀟洒な建物、ものすごい確率で文化財です。

音楽家、文学者、俳優、アナウンサー数えあげればきりがないくらい多くの著名人を生み出した学校です。 帰り道は谷問から、門戸厄神(東光寺)を参拝し厄払いと家内安全を祈願しました。

 

平成27年3月29日 播州赤穂「地域のにぎわいづくり事例」見学ツアー

雨模様の年度末、伝説の地、赤穂の観光の秘訣を学びに行って参りました。

耐え忍ぶ忠臣達の面影とは少し違い、のどかな開放的な土地柄に親近感を覚えました。地域の施設やお祭りに集う人たちも「好きが高じて」なのではないかと見ました。

夕刻からの「坂越の嫁入り」見ることができず残念。またの機会楽しみです。

平成27年3月19日 MCC食品工場と芦屋市平田町界隈の街並み

雨にも関わらず盛況でした。

平成27年3月12日 佐保姫・明月姫・縁の地を巡るバスツアー開催

平成27年3月27日 (実施済み)

   

阪神間の魅力を発見して訪ねるツアー

今回は大学がテーマです。

「神戸女学院 編」は国の重要文化財に指定されたキャンパスの多くの建造物を訪ねます。

桜の開花に合わせて、3月27日(金曜)に実施します。

詳しくはチラシをご覧ください。

平成26年11月17日 グループ懇親会兼地域活動学習会

旧大庄西中学校の跡地を利用した「大庄おもしろ広場」

最寄り駅の阪神尼崎センタープール前駅から北西に徒歩20分の所にあります。かつて中学生の声が響いていたであろうグラウンドはヤギや豚が暮らすのどかな場所になっています。その一角を拝借して懇親会をしました。準備を担当してくれたメンバーの段取りのよさに感心しているうちにのどかな校庭はバーベキューパーティー会場へ早変わり。美味しく楽しい時間が流れました。大庄おもしろ広場の代表である大原さんの地域活動への取り組みのお話はご苦労が滲み出ていて聞き応えがありました。暖かくなったらまた訪れてみたい場所です。

平成26年11月5日 海から見よう!阪神の景色

朝の冷え込みに厚着をして出かけたクルーズ。「監督・調査船さちかぜ」に乗って尼ロックに到着。高潮や津波から地域を守り、船の航行を見守るお仕事を見学しました。防災展示室では身近に起こるであろう災害をリアルに感じ防災の大切さを感じました。その後、再び船に乗り阪神間の景色を右手に見ながら西宮浜に辿り着きました。随所にわかりやすい説明をしていただき、質問にも気軽に答えていただいて楽しく勉強できました。

平成26年11月5日 海から見よう!阪神の景色

大型台風19号の接近で、あわや中止か⁈
と思われたクルーズイベント。快晴のもと無事出航できました。
参加者一同ダ・ヴィンチ考案の運河体験を楽しめただけでなく防災意識を高めることもできました。
 秋へと移りゆく六甲の山並みを眺めながら参加された皆様はそれぞれの思いをはせ歴史の舞台となった鳴尾浜や街並みを楽しむことができたようです。

平成26年10月22日  定例会議お知らせ

日時:11月20日(木)10時~

場所:阪神南県民センター 別館2階
議題:1.イベント報告

   2.行事の推進と検討

   3.その他